火曜日の先生–リベラさん!

リベラさん

リベラさんに会います

リベラさんは元スワンソン提督です! リベラさんはXNUMX年生で、ジェームズマディソン大学からAPSに来ています。 リベラさんはプレ代数と代数を教えています。

リベラさんは10年生で数学の先生になりたいと決心しました。 彼女の言葉では、「私には高校に驚くべき数学の先生がいて、数学がどれほどエキサイティングであるかを教えてくれました。 彼女は私に数学が得意だと信じさせた。 数学の問題に挑戦するという同じ熱意を生徒にエミュレートし、生​​徒が自分の数学の能力を信じられるようにしたいと思いました。」

リベラさんは、自分の仕事の最大の喜びは何だったのかと尋ねられたとき、次のように答えました。 XNUMX月に初めて会ったときから、XNUMX月に夏休みに向けて出発するときまで、生徒の違いは驚くべきものです。」

リベラさんはどうやってやる気を維持していますか? 「数学のワークショップやブロックスケジュールでの指導など、新しい指導戦略について学ぶことで、私は自分ができる最高の教師になる意欲を維持することができました。 生徒たちがワークショップのさまざまなステーションを楽しんでいるのを見ると、ブロックスケジュールからの余分な練習時間が、生徒たちにとって最高の教師であり続けるのに役立ちました。」