火曜日の先生–サミュエルさんに会いましょう!

クラスのサミュエルさんサミュエルさんに会う

APSの11年のベテランであるサミュエルさんは、ここスワンソンで読書を教えています。 サミュエルさんはランドルフ小学校で読書スペシャリストも務めました。

サミュエルさんはもともと看護を勉強するために大学に通っていましたが、後に読書を教えることができるように専攻を教育に変更しました。 「私は18歳のときに教育に取り組み始め、大人が読書を学ぶのを手伝いました。 私は中学生としてオートン・ギリンガム・アカデミーに通っていましたが、それが私の人生を変えました。 アカデミーでは、教会や地域社会でのボランティア活動中に他の人が学ぶのを助けるために使用したいくつかの素晴らしい戦略を開発しました。

サミュエルさんの仕事の最大の喜びは、他の人が読み書きを学び、感謝するのを助けることです。 彼女の言葉では、「他の人とコミュニケーションを取り、よりよく理解する能力は贈り物であり、一生の識字能力を提供します。 最大の課題は、多くの場合、時間とリソースです。多くの場合、人々が読み書きを学ぶのに十分な時間が割り当てられていません。 多くの人は人生のさまざまな時期に読むことを学び、それは成人期にまで及ぶ可能性があります。 人々はさまざまな方法で読書のロックを解除するため、リソースが常に利用できるとは限らず、無制限の時間とさまざまなリソースが与えられた場合の進行が遅れる可能性があります。」

サミュエルさんはキャリアを積んだ思い出深い瞬間について尋ねられました。博士号。 彼女は現在、読書も学んでいる大人と一緒に教え、働いています。 彼女は、生涯学習を促進するために他の人が読み書きを学ぶのを助ける仕事を続けています。」

サミュエルさんは旅行が大好きです。 「私は10年以上旅行し、日本、韓国、タイで若い成人や専門家を教えました。 旅行は、理解を深めるために学習と言語がどのように不可欠であるかについての私の専門的な理解を形作るのに本当に役立ちました。 私のお気に入りのグループは、東京のトヨタのエンジニアのグループで、とても楽しく、とても外向的でした。 彼らは、私が共同学習のスキルをより磨くのに役立つチーム学習アプローチを具体化しました。 私の最大の成果は、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のプログラムを通じて、中国の北京でXNUMX学期を過ごして中国の歴史と書道について学んだことです。」

サミュエルさんは現在読んでいます レディクレメンタイン マリー・ベネディクト。