火曜日の先生–ハッセルさんに会いましょう

ハッセルさんハッセルさんに会う

Hutsell氏は、APSに6年間在籍している13年生の理科教師です。 彼女は国家委員会の認定を取得しており、その功績によりAPS教育委員会から認められています。

ハッセルさんは、ヨークタウン高校に通っている間、家庭教師代理店での彼女の仕事を、教えることへの彼女の興味を刺激したと信じています。 「彼らは私の面接で私が教師になりたいかどうか尋ねました。 仕方がない。 彼らはまだ私を雇いました、そしてここに私は今日います!」 Hutsell氏は、教師としてのキャリアの中で、生徒が不可能だと思ったことを学び、達成するのを見ることが、彼女の仕事の最大の喜びであることに気づきました。 ハッセル氏は、「生徒が教師(特に数学や科学の教師)になりたいと共有するときはいつでも、私の日、年、キャリアができました!」と述べています。

Hutsell先生に、自分ができる最高の教師になるためのやる気と挑戦をどのように維持しているかを尋ねました。 答えとして、彼女は次のように述べています。「アーリントンは素晴らしい教師でいっぱいです。 私の仲間は、新しい戦略を試し、枠にとらわれずに考え、テクノロジーに精通し続けるように私に挑戦します。」 ハッセル氏は、彼女の教え方が重要であると感じています。「科学は私たちの周りの世界を説明しているからです。 それが、物事がそのように機能する方法と理由です。」

ハッセルさんを教師として形作ったその教室の外の何かが彼女の娘を持っています。 「私は教えることが大好きでしたが、娘ができて以来、彼女は私に生徒を素晴らしい個人として感謝させてくれました。 あなたはあなたであるのが一番です。 あなたは専門家です。 他の誰もそれをすることはできません!」

ハッセル氏は、教師になることを目指すすべての人に次のアドバイスを提供します。