火曜日の先生–キャンベルさんに会いましょう!

キャンベルさんと娘キャンベルさんに会いましょう

APSの卒業生であるキャンベルさんは、過去7年間、8年生と14年生の数学を教えてきました。

キャンベルさんは母親の側の長い列の教師から来ましたが、教えることは彼女のキャリアパスの一部ではありませんでした。 しかし、彼女に大きな印象を与えたのは先生でした。 「私はスワンソンの学生だったとき、6年生の数学の先生に触発されました。B。ハートマンさん。 彼女は私が数学を楽しく面白くした最初の先生でした。 彼女は私の唯一の数学の先生の一人で、生徒に質問をして実際に答えてくれるように勧めました。 彼女の忍耐力と数学に対する深い理解に感心しました。」

キャンベルさんに、「私の仕事の最大の喜びは、学生が本当にコンセプトを理解し、その知識を他の人と共有することに興奮している瞬間です」と答えた彼女の仕事の最大の喜びは何でしたかを尋ねました。 キャンベルさんが先生でなかったら、パティシエになりたいです。 「実際にペストリーを作ったことはありませんが、いつも学びたいと思っていました。」

キャンベルさんは何を読んでいますか? 「私は現在、本の合間にいますが、昨年読んだ私のお気に入りの本(またはシリーズ)は、ブランドン・サンダーソンの王の道の三部作でした。」