火曜日の先生–ウィックラインさんに会いましょう!

ウィックライン氏ウィックライン氏に会う

ウィックライン氏はAPSで最初の通年を始めており、コンピューターサイエンスを教えています。 以前の役割には、ビジネス&情報技術者としてのXNUMX年間が含まれていました。 FCPSの正義高校の教師であり、退職後のプラン業界で長年さまざまな役割を果たしてきました。

ウィックライン氏は、子供たちと一緒に仕事をしたり、教えたりすることにどのように興味を持ったのかと尋ねられたとき、次のように答えました。地域社会・共同体。 チームの選手たちを助けるのを楽しんだし、知っていた友人が転職して教えたので、それを調べ始めた。」

ウィックライン氏は、仕事の最大の喜びと最大の課題を共有しています。 「私は、生徒が障害を乗り越えて進歩を遂げるのを助け、生徒が達成したことを誇りに思っていることを見て、聞いて楽しんでいます。 最大の課題は、高校レベルのクラスをXNUMX年生に教えることです。これは、クラスの時間が早くなり、助けが必要なすべての人に教室よりも連絡が取れなくなるため、オンラインでは難しくなります。」

ウィックライン氏に、彼ができる限り最高の教師になるためのモチベーションと挑戦をどのように維持しているかを尋ねました。 、製品など。私は教師と同じことをしていますが、今年はほとんどの生徒に本当に挑戦するコースに若い生徒がいて、彼らのために物事をより良くする方法を常に考えています。 それが私が配線されている方法であるため、私は本当に選択の余地がありません。 「「

ウィックライン氏は最近、楽しく読んでいませんが、すぐに戻ってくることを望んでいます。 「最近、アストリアを読みました。これは、ジョン・ジェイコブ・アスターがワシントンの海岸に何もなかったときに交易所を設立し、関係者の試練と苦難について書かれたものです。」

ウィックライン氏の夢の仕事は、「私は生物学が好きで、少し健康に問題があります。 医者になるのは楽しかったと思います。」